俺の人生アンバランス ピーポー鳴るのはアンブランス

SAY hoo!とだけ書いて終わるのもありでした。

まあ世の中には僕よりも大変な思いをしてる人はいくらでもいるんでしょうけど、相対評価で自分より不遇な人がいるかはどうでもよくて、結局本人が自分の人生に納得できるか、この一点のみが大事だと思います。

僕はよくネットで自分の苦境をネタにしますが実はモニターの前では全然笑ってなくて、いやインターネットにネタを投稿する時にゲラゲラ笑ってたらやばいですけど、あくまで自分の悲劇を少しでも有意義なものにできたらいいなと思って消化しています。

僕は貧苦は何の意味も持たないと思っていて、どれくらい意味がないかと言うとファイナルファンタジー5で砂漠のダンジョンに流砂があってそれに流されながら出口を目指すんですけど、確実にプレイヤーを混乱させる複雑な流砂群がある一方で、端の方に踏み込むと一歩手前に戻されるだけで何の攻略にも後退にもならない流砂があってそれくらいなんです。この「難儀流砂論」はよくファミレスとかで友人に話すんですけど、概ね友人の機嫌が良ければ無視、悪ければトイレに立たれます。とにかく苦しいことは意味ないねって言いたい訳です。

苦しみには必ずストレスが伴い、このストレスを肯定することは神様にもできないんじゃないかなと思います。もしストレスが素晴らしければ人間は24時間下痢になってればいい訳で、あの黄色いTシャツを着る番組でも嵐の二宮くんが博愛の精神を訴えるんだけどその間ずっと下痢みたいな、「愛と下剤は地球を救う」みたいなタイトルに変更を余儀なくされる訳です。

でまあ何が言いたいかというと、悲しいながら僕の人生にはこのストレスが結構あるよねということです。段々ぎりぎりのOLみたいな文章みたいになってきましたが、やはりこの年まで無職でいるというのはなかなか辛いものがあります。僕は疲労が抜けない病気で働いてないんですけど、ただでさえ親のすねをかじってるのにそれ+体力がない、ザンギエフスクリューパイルドライバーを2回くらった状態みたいな体力で生活している訳です。このエントリにはゲームネタがあと2回出てきます。

そのストレスを自ら発生させている人、例えばモテる努力をしないのに彼女ができないと嘆く人は自業自得なんですが、僕の疲労は現状原因不明で病名もはっきりしていません。理由が分からないままただいたずらにHPゲージが赤いピカチュウみたいな状態でいるのです。4回目はやっぱりやめます。

幸か不幸か僕は死後の世界を認めざるを得ない体験をしたことがあって、死んで魂だけになってから懺悔したくないので自殺とかはないんですけど、生きることはなかなか大変だねという話です。

ストレスの意味を強いて挙げるなら、精神的な向上だと思います。同じように苦しんでいる人の気持ちが分かったり、そういう人を助けようとする意識が芽生えます。そう考えると僕の人生も全くの無駄ではないんですが、この世に生を受けるのは大層なことだなと思っています。

と、このような愚痴を薄明かりのついたバーで聞いてくれる中谷美紀似の女性を募集しています。費用はもちろん僕が持ちますし、見返りとしてはネット大喜利に4年半を捧げた僕が大喜利をやります。ちなみにこの記事は自分語りが過ぎるので公開するか迷ったんですが、他の下書き一覧を見たら「ヘアバンドをする奴ほどバーベキューで張り切る」という自分でも意味分からないタイトルのやつしかなかったので踏み切りました。何にせよ人生を頑張りましょう。終わりです。