読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマスマのコントは僕たちを祝福している

なんか最後に「そんな素晴らしいスマスマのコントをご覧ください」ってYouTubeの動画を貼ろうと思ったんですけど、スマスマのPちゃんってコントの動画がユーザーからの違反報告で削除されてました。Pちゃんを通報する時ってどんな気持ちなんだ。

SMAP×SMAPという番組があります。国民的アイドルグループSMAPが料理を作ったりゲストを迎えて一緒に歌ったりするバラエティー番組で、常に安定した視聴率を記録する長寿番組でもあります。

そんなSMAP×SMAP、スマスマという愛称で親しまれているこの番組には、SMAPのメンバーが出演するコントの時間があります。長い間このコーナーが継続しているのを見ると、おそらく視聴者にも好評なのでしょう。中居正広さん演じる計算マコちゃんや、稲垣吾郎さん演じるゴロクミなどは今でも僕の記憶に残っています。

そのスマスマのコントは、実績を考えればもちろん商業的にも素晴らしいものだと思うのですが、僕が一つ感じるのは、このコントが僕たち人間を照らしているということです。

好みの問題と言われればそれまでですが、僕はスマスマのコントはそれほど質は高くないと思います。こちらの感情の深い部分を刺激してきたり、大いに感心してしまうような表現はありません。それは国民的アイドルSMAPのイメージや、そのSMAPを支持する層に合わせた構成などを加味した上でのことでしょう。スマスマのコントに共通しているのは「分かりやすさ」や「快活さ」であって、ぐっと踏み込むような、入り込みにくい世界観はありません。

そして、それらから受ける要素の一つとして「安心感」があります。見やすさ、分かりやすさから受ける安心感は、何かこちらに寄り添うような、人間の寂しさを埋めるような一体感を生みます。

コンテストの多発などで日々進化してる笑いの世界は、どんどん鋭く、味わい深いものになっています。それが悪いということではなく、そんな傾向がある一方で、スマスマのコントはいつも僕らに寄り添ってくれるのです。

誰しもが不安を抱えています。人生で起こる様々な問題が私たちを苦しめます。私たちはたった一人でそれらに立ち向かい解決しなくてはならず、そんな時に分かりやすく温かいスマスマのコントは私たちを癒してくれるでしょう。

スマスマのコントの質の観点から言うと、創作に対して深く深く踏み込まないでも、成立したものを作れる、ある意味では凡人を祝福しているとも言えると思います。僕自身ネット大喜利の世界で、「こいつには絶対に敵わない」と思う人間に出会ってきました。僕が努力をして彼らに近づくことはできても、僕が彼らになることはできないのです。才能とはひどく残酷で、僕らの目の前に圧倒的な壁を作ります。しかし、そんな絶望に打ちひしがれている時でも、スマスマのコントは、優しく僕たちを励ましてくれます。つまり、人間は自分の能力で最善を尽くせばいい、それが最も有意義なのだというメッセージが、スマスマのコントから感じられるのです。

成功とはなんでしょうか。例えばある分野で頂点に立ち、人々にも認められ、巨万の富を得たとしても、その先に何かあるでしょうか。人が往く先には必ず死があり、そこに到達すれば、物質的な成功はほとんど意味を持たなくなります。

私たちの本質が、精神、魂で、またそれが死後も消滅しないとするならば、この世界で一時的に優位に立つことに意味はなく、むしろ虚しく感じてしまいます。つまり、人生において大切なのは、その過程でどれだけ成長できたかであって、他人と比べて競り勝つことではないのです。いま自分に実力がなくても、これからいかにそれを高めていけるか、そんな創作や人生に対する姿勢を、優しく温かい一体感と共に、スマスマのコントは教えてくれている気がするのです。

どんな時代や国に生まれ、またどんな教えや言葉を信仰していようとも、私たちは向上という共通目的を持っていて、誰もが平等であり、スマスマのコントが、私たちのそばにあり、それを正しく受け取ることができれば、私たちはもっと成長できるはずです。