読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空気清浄機もらいました

知らず知らずのうちにドコモポイントが大量に貯まってて、14000ポイントという融合しすぎた遊戯王カードみたいな数字になってたので、これと空気清浄機を交換してもらいました。どれくらいの期間で貯まったのか分からないんですが、普段は全く気にかけないで過ごしてたので、久しぶりに会ったいとこの女の子が成長しててドキッとするみたいな、ちょっと魅力的になってて内心動揺するみたいな感じになりました。ドコモポイントで。

ドコモポイントは家族で共有するものなので、僕がポイントの貯蓄を母に報告したら、「何かと交換してもらおう」と言うので一緒にカタログを見てみました。大体こういうのって多くの人が注文する人気商品の他に、それを引き立てるためのエドモンド本田みたいな商品があると思うんですけど、今回のカタログはほとんどがバイソンみたいな存在で、それほど欲しくはないけどもらえるならもらうよという、全体的にバイソンな状態でした。あんまりいいのないなと思ってたら、ホーム家電ってカテゴリーを見つけて、最初液晶テレビがいいなと思ったんですけど、ポイントが足りなかったので、結局空気清浄機にしました。母がマイナスイオンを発生させるっていう説明に食いついて、僕も「なにそれ最高じゃん。よしこれにしよう!」ってなったんですけど、後からマイナスイオンで検索してみたら、2番目に「嘘」って出てきました。

疲れが取れなすぎて朝から手負い顔の僕ですが、もうこれとはある程度付き合っていかなくてはならないと思っていて、症状を改善するよりも、身近な生活習慣を整えることで、少しでも体調がよくなればという思いもあって、空気清浄機を申し込みました。根本の解決をあきらめてる辺りに病状の深刻さを感じますが、最近は鑑真のドキュメントを見て涙するほどの深い感情を持ち始めたので、そんな神秘の感性を伸ばしながらできることをやっていこうと思ってます。読み返してみたけどやっぱり末期ですね。

届いた空気清浄機をどこに置くかという問題があったんですが、やはり不健康のグランドチャンピオンこと僕の部屋に置くことになりました。最初脱臭シートの表裏を間違える朝倉いずみみたいなミスもありつつ、何とか組み立てて起動しました。空気清浄機ってすごい轟音を立てながら汚れた空気を浄化するのかと思ってたら、とても静かに動き出した時点でハッとし、自分の家電製品のイメージがダイソンで止まってたことを深く受け止めました。

清浄機の中央にクリーンサインというものがついていて、汚れを感知するセンサーが判断した部屋の汚さを色で教えてくれる。青がきれいな時。小さい赤が少し汚れている時。大きい赤がとても汚れている時。なぜ中間を黄色とかにしなかったのかという疑問はあるけれど、これで空気の清潔さが大体分かる。基本は青で、クーラーをつけた直後などは赤くなるのだけど、何故かポッキーを食べている時も赤くなる。何度もそうなったので間違いない。あんな素朴なお菓子が空気を汚してるとは思えないし、それをダイレクトに体内に入れてるこっちの気持ちはどうしてくれるんだ。昔新垣結衣がポッキーのCMをしてたのでなんとなく彼女のイメージも落ちていく。極細を宣伝してる場合ではない。

最初心にハイジを持とうと思っていて、もし空気清浄機で室内がきれいになっても、草原で暮らすハイジのように心が澄んでないと意味がないと考えていたのだけど、自分のやってることといえば、毎日大喜利サイトで使い回しボケをするくらいなので、ハイジいないなと思った。だけどマイナスイオンの効果でストレスが軽減するという話を聞いたことがあったので、能動的には無理だけど、受動的に穏やかな気持ちになって、ハイジが芽生えるかと思ったが、説明書に「マイナスイオンの効果は科学的に実証されたものではありません」と会社側があきらめる説明があったので、やっぱりハイジいないなと思った。

これで体調がよくなるかは分からないけど、悪くなる事はないだろうし、せっかくなので使っていこうと思う。今回清浄機をくれた、ドコモプレミアムクラブに感謝を申し上げます。ありがとうございます。ただ「シャワー」ボタンは謎すぎて押してません。終わりです。